医療系のレーザーと比較して解説

キャンペーンで体験した時には、脱毛の仕組みやムダ毛の生える仕組みについてほとんど理解していなかったので、どうして何度もサロンに通う必要があるんだろう…と思っていました。 サロンコースに通う際に無料で必ずカウンセリングが行われますので、その際にどのサロンでも脱毛の仕組みと、毛の生える仕組みについてきちんと説明をしていただけるので、それをきいているうちにだんだんそれらについて理解を深めるようになりました。

おおよそサロンの一般的なコースの場合、ムダ毛の生えている部位によって普通の毛の量の方がほとんど自分で処理する必要がなくなる程度に、コースの期間が設定されているようです。 その期間のあいだに通ったらだいたいの方がほぼムダ毛の処理を自分ではしなくていいところまでキレイになるということですね。

ただしムダ毛の生えるサイクルに応じて、次のサイクルで生え揃ってきた段階でまたサロンに行って、的確に処理していく必要があるんです。 ですので何度か通わなければならない、となるのですが、ただしムダ毛の生えるサイクルはどのパーツでも3ヶ月〜4ヶ月程度のスパンで巡ってきますので、そのスパンで通うだけでいいということになります。

例えば、とにかく早くムダ毛をなくしたいからといって、この通う頻度を多くして1ヶ月ごとなどに通っても、結局きちんと生え揃っていない状態に対してフラッシュを照射しても、最大限の効果は得られないということになります。 ですので何度か通うことにはなりますが、周期にあわせ3ヶ月ごとなどに一度通うだけでしっかりとキレイになりますので、自己処理するよりずっと効率がいいんですね。

脱毛サロンで受けられるフラッシュとクリニックなどで受ける医療系のレーザー、どちらの方がいいのか、迷ってしまうことがあると思います。 いろんな情報を見てもまだ本格的にしたことがなければ、自分にどちらがあっているのか、どちらの方が効果的か、オトクなのかはすぐには判断できませんよね。 私の経験からでこれらについて少し書いてみたいと思います。

私自身はほとんど今まで通ったのはサロンのフラッシュ脱毛ですが、これはどうして選んだのかというとやっぱりコスト面と通いやすさでした。 医療系はもちろん効果が高いことは知っていますが、やっぱりコスト面ではどうしてもサロンの激安キャンペーンのプライスを見てしまうとかなり高く感じてしまいます。

通うまではフラッシュが本当に効果があるのかも分かりませんでしたが、リーズナブルな価格で通ってみることで、しっかりと効果が上がることを確認できましたし、通うことがまったく面倒にも感じませんでした。 医療系のレーザーに通うことをお勧めするのは、お肌が弱かったり、何らかの疾患がある場合、どうしても早く処理をする必要がある場合でしょうか。

ただ医療系がサロンに比べて早く効果があるとはいえ、何度か通わなければならないことは変わりませんし、どの位早くなるかというと、パーツにもよりますがおおよそ半年とか2回程度という感じだと思います。 そう考えるとやっぱりコスト的にかなりリーズナブルなキャンペーンなどは、かなり魅力的なものといえるのではないでしょうか。 私もまだ他にも脱毛したい場所があるので、また自分にあったキャンペーンを物色していますよ。

サロンなどのフラッシュ脱毛は、ムダ毛の気になった部分に光を当てていくだけでだんだんムダ毛が生えてこなくなるというとっても簡単な方法ですが、これが受けられない場合があるということを、無料カウンセリングで知りました。 どういった場合かというと、まず脱毛しようとするパーツが日焼けしてお肌が黒くなっている場合です。

これは仕組みから、「ムダ毛の黒い色に反応してそこだけにダメージを与えていく」ということですが、お肌が黒いと、その部分にもダメージを与えることになってしまうからなんだそうです。 ですので夏に脱毛する場合特に、紫外線をもろに受けやすいために、できる限りしっかりとUVケアしておく必要があります。 場合によっては日焼けしている間は、通うのをお休みしなければならなくなるそうです。

そしてこれは本当によく知らなかったんですが、お肌が乾燥していても脱毛することができなくなってしまうとか。 お肌が乾燥していると、せっかくしても、効果が最大限に発揮できなくなってしまうということで、脱毛するパーツの保湿ケアがとても重要なんだそうです。 これは女性としては保湿しておけば、自分のお肌を美しく保つ事ができますので、日課にしてしまうといいですね。

さらにこれは仕組みを理解したら分かりますが、ムダ毛が白い毛になってしまったら脱毛することができません。 今40代から50代の方はムダ毛で苦労した世代に当たりますが、この世代はどんどん白髪が出てくる時期ですので、もし脱毛したいのなら、とにかくムダ毛が白くなる前に早く処理する必要がありますね。

ページのトップへ▲