サロンで処理するのが楽

サロンに通っている時、何も考えずに通ってももちろん構わないのですが、できればその効果を最大限に発揮させたいものですよね? では脱毛の効果を最大限に発揮するために、日ごろから行っておけることって何があるかご存知でしょうか? まずはとにかくお肌の状態を最良の状態に整えておくことが、脱毛を進めていく上でとても重要になるようです。

どういったことかというと、「お肌を白く保つこと」「お肌をみずみずしく保つこと」「パーツをケガなどしないこと」が挙げられます。 お肌を白く保つとどうして脱毛の効果が高いのかというと、フラッシュの場合、黒い部分に反応してしっかりとダメージを与えていくため、お肌が白ければ白いほどその対比が大きくなって、よりしっかりとムダ毛にダメージを与えられるようなんです。

ですので夏に日焼けしない、というだけでなく、日ごろから年中しっかりとUVケアしておくと、より脱毛の効果を高めて進めていくことができるそうです。 さらにお肌をみずみずしく保っておくと、これもより効果が上がりますので、普段からしっかりと保湿対策をしておくことがさらに効果を高くしていくことができる。

そして、逆にこれは気をつけるべき点ですが、脱毛を進めていこうとする部分にケガがあると、そこを避けて脱毛を進めていくことになってしまいますので、できる限りケガをしないようにする必要があります。 そういった意味では肌を見せない時期は、カミソリなどキズがつく可能性のある自己処理は控えてしまい、お肌を見せないうちにどんどん脱毛を進めていくことが、結果的にも効率を上げることになりますね。

サロンのコースで受けてみようかと考えている方は、まだどういった感じで進んでいくのかがよく分からないでしょうから、お肌には負担はかからないのか?ということを心配されるかもしれません。 フラッシュ脱毛の施術は、自己処理のように、お肌には何らか負担をかけることにはならないのでしょうか。

これは私の経験からいうなら、お肌にまったく負担がゼロということはありませんが、方法としてはもっともお肌への負担が少ない方法、という感じでしょうか。 どういったポイントからこう位置づけているかというと、まず「痛さ」。 痛さについては、どの自己処理よりも軽いといえますし、痛みがあっても本当に一瞬のことで、確実にそのあとクールダウンした上で、しっかり保湿ケアなどがされますので、お肌の負担軽減を最初に考えてされている方法といえます。

痛い部分についても「ムダ毛があるピンポイント」だけですので、人によっては「これのどこが痛いの?」と感じる程度かもしれません(私はその部類でした)。 そしてお肌の負担という意味では、やっぱり施術した日は熱を帯びているような状態にはなっていますので、お風呂などは控えておき、シャワー程度にしておけば、特に問題は起きません。

翌日も特に変化などはありませんので、当日これらをきちんと守っておき、後は脱毛している部分の保湿ケアさえしておけば、他に何もしなくていいですから通常のお肌へのストレスはゼロになります。 自己処理の場合は逆に毎日肌を擦る、削る、引っ張るといった感じになりますので、この差はとても大きいと思います。 さらにお肌への負担がまったくなくなるんですから、どれほど良いのかよく分かりますね。

サロンのコースに通った場合、だいたい4回とか8回とか、1年とか2年などといったスパンでコースになっていますが、これだけで確実に脱毛を完了できるのか?と疑問に思うところだと思います。 これはムダ毛の生えているパーツ、期間、毛の量の個人差によって、コース内で終る方もいれば、コースでは完全にはムダ毛を無くし切れない場合もあります。

よくサロンが行っている期間限定キャンペーンの場合、わざと1年4回など、やや短い期間で限定したコースもありますので、こういったコースの場合、若干の処理でききれない毛が少し生える状態になる方がほとんどだと思います。 これはきっとサロン側がこの後もまたコースを組んで通って欲しいという意向と、逆にムダ毛が少ない方の場合は最小限ならこれで終了する可能性があるからではないかと私は考えています。

実際に私はワキのコースに通いましたが、この場合は8回で大よそ2年程度通えるパターンでしたが、私自身は5〜6回目にはもうほとんどムダ毛は生えなくなっており、ほぼ通う必要がなくなっていました。 逆に足のコースなどは1年のコースに通いましたが、これだけではまだ今も完全に100%ムダ毛がなくなっていません。

ただもう見て数えられる程度にしか生えてこなくなっていますので、また時間ができてオトクなコースがあったら通ってみるつもりにしています。 基本的に一般コースの場合はほぼ自己処理がなくてよくなる程度の長さで設定されているものが多く、キャンペーンのコースはやや短めの設定のものが多いように感じます。 その辺りを自分自身で充分に吟味して、上手に通うとオトクにキレイになれるのではないでしょうか。

ページのトップへ▲