施術に関する不安を解消しよう

私が最初にフラッシュ脱毛をしたのはもうずい分前になりますが、まだ今ほど大々的にどこでも受けられるといった感じにはなっていませんでしたので、ムダ毛にフラッシュを当てて毛が生えてこなくなるという認識が、その時はまだありませんでした。

ネットやタウン誌、雑誌などでちょこちょここの脱毛を行っているサロンが載っていたのですが、もちろんムダ毛、特にワキを何とかしたいと思ってはいたものの、本当に生えてこなくなるのか半信半疑な部分と、価格的にも当時は数万円はかかりましたので、すぐに「やってみよう!」とはなりませんでした。

今のように1000円でお釣りがくるようなお値段だったら「もしほんとに毛が生えてこなくならなくてもいいか」と考えて試してみたと思いますが、やっぱり数万円となると二の足を踏んでしまうもの。 でもこれで本当に自己処理しなくて済むようになるなら…と女心としてはかなり揺れました。

そんな中で手が届くお値段が出てきたときに、思い切ってエステに通ってみたのですが、結果から言うと、「通ってよかった!本当にまったく生えてこなくなった!」といった感じになりました。

フラッシュの場合はムダ毛をあらかじめ前日までに短く剃っておき、ストロボのように眩しい光を脱毛したい場所に当てていくだけですし、当てている時間は一瞬。 その上広い範囲が一度に照射できるので、ワキの場合など通うのがまったく苦になりませんでした。 効果についても2度目くらいから明らかに目に見えたため、お金を払ってでもその価値がしっかりあると確信できて本当によかったです。 もし今ムダ毛で悩んでいるなら、すぐにでも試してみるべきですよ!

まだフラッシュ脱毛を受けたことがない方は、いろんなことをネットで調べても、やっぱり不安に思ってしまうポイントなどがあるかもしれませんので、私が体験した施術の流れについて、ここでは簡単にご紹介したいと思います。 施術に入る前には、まず脱毛サロンに予約をしてその日に来店します。 そこで何をするかというと、まず必ず行うのが「無料カウンセリング」というもので、病院の問診表のようなものを記述していきます。

どういったことを書いていくかというと、お肌の状態や、脱毛したいパーツ、アレルギーなど、フラッシュ脱毛を受けるにあたって安全に確実に効果がでるようにするための情報を書き込んでいくんですね。 それを元に、担当者の方とコースの相談などをするのですが、最初からキャンペーンのコースのつもりならここできちんと伝えておけば、特に強引に他のコースを進められることはほぼありません。 大抵が当日は施術がないので、次に予約した日時に来店し、脱毛したいパーツを消毒して、フラッシュを当てていく感じになります。

前日までに毛は剃ってから施術を行いますが施術中はフラッシュが眩しいのでサングラスをかけてから進めます。 脱毛が終ったらクールダウンと、サロンによっては美肌効果のあるローションなどをつけていただけます。 フラッシュの場合は、一度に照射できる範囲がとても広いので、ワキなどの小さな範囲なら5分程度で済んでしまいます。 痛みを感じるのは「毛が生えている所だけ」ですので、お肌そのものが痛いということはありません。 私は今まで痛さで困ったことはまったくありませんね。 逆にこんな楽で本当に効果があるのか不思議に思ったほどでした。

私はニードルとフラッシュを経験していますが、自分の経験からで「フラッシュって永久脱毛なのかどうか」ということについて書いてみたいと思います。 ネットなどで調べると、厳密にいうなら「永久」と呼べるのは今のところは「ニードルだけ」のようです。 ただ個人的にこれについて思うのは、およそ10年前に本格的にしようとすると、「ニードルしかなかった」ため、当時「永久脱毛」しようとした方は皆さんニードルを行っていたようです。

このニードルは歴史が古いので、実際にこれを施術した方が永久にムダ毛が生えなくなったという立証がすでにありますが、ここ10年ほどで急速に発達してきた方法なので、まだ10年程度では「永久であるという立証ができていない」ということではないかと思います。 実際私もワキなどを終了していまして、それ以来一切自己処理は行っていませんし、未だに生えてきた形跡もありません。 もちろん他の方で2年などサロンのコースを終えたのに、まだ毛が生えてくる、という方もいないわけではないでしょう。

ただそれは「個人差でムダ毛の生えてくるサイクルが多い」ということで、一般的なコースでサイクルを無くしきれなかったという形ですね。 私も足のコースにも通いましたが、4回のコースではまだ完璧にはムダ毛がなくなっていません。 ただし明らかに最初の状態に比べると生えてくる毛は少なくて、数える程度になっているのでまた短期のコースでカバーしようと思っています。 肌への負担は極めて少ないので、安心して通えるのがとてもありがたいですね。

ページのトップへ▲